板金加工、レーザー加工、プレス加工、試作、少量専門 大阪の「試作板金屋」は株式会社ウシオにお任せください

  • ホーム
  • 加工技術
  • 製品案内
  • サービス体制
  • 会社案内
  • お問い合わせ

check1 加工技術 様々な加工技術をご紹介します。

check2 製品案内 様々な業種の精密板金に対応しております。

試作板金の仕事とは

さまざまな視点から見た板金加工

プレスと手造り試作のコスト分岐点

遠方のお客様へ

ウシオからのご提案

ご利用のお客様へ

  • お取引の流れ
  • 試作一筋25年
  • 設備案内
  • お客様の声
  • よくある質問Q&A

イベント情報

スタッフブログ

リクルート

トップページ > 試作板金の仕事とは

試作板金の仕事とは

世界において「物作り国日本」という認識はグローバルスタンダードと言えます。
この根拠は日本人の特徴である、繊細さ・まじめさからくる技術力の高さであると考えます。


日本の産業が成熟し大量生産品は、どんどん国外へ移行しました。今後も更に様々な意味でのグローバル化は進んでいきます。商品開発や試作の分野も、海外向け商品は現地開発、現地生産という流れに進んでいます。しかしメーカーにとって最も重要である根本的な商品開発や設計部門は日本国内で行う企業が大半です。

板金の仕事は切削加工とは違い、機械加工だけで終了できない部分が多々あります。特に少量多品種の試作品となれば、ほとんど手作りの世界です。例えば、曲げ加工を例にとりますと、確かにブレーキプレスという機械は使用しますが、突き当ての調整や曲げ圧力の調整など、操作のほぼすべてを人間が判断する必要があります。特に試作の世界は、毎日違った商品を製作するわけですから、以前のデータを呼び出して使うこともできません。

もちろん板金でも量産となればロボットが曲げますし、更に数量が多くなるとプレス加工となるわけですが、度重なる設計変更を前提とし、しかも少量である試作品の場合、やはり試作に特化した技術の差が、そのまま企業の差となって表れます。

では、どのような場面で試作専門業者が係ってくるのか?一例をあげて下記に書いてみました。

試作板金の仕事

テレビが発売されるまでには!

電化製品メーカーがしのぎを削っている最たる製品のテレビですが、発売されるまでには長期間の研究開発、数え切れないほどの実験や検査を行っています。
これらの過程において、開発期には安全・デザイン・強度・コストなどの数々の課題をクリアーすべく試作を繰り返します。何度も何度も試作品を作っては問題点を洗い出し優れた製品を生み出していくのです。
この過程における、板金部分の試作品の製作こそが弊社のような試作板金業者の仕事です。

テレビ

このように弊社が行っている仕事は、新たな可能性を生み出すための一役を担っているものと自負しております。
各メーカー様においては他社よりも1日でも早く製品化することこそが勝者の勝どきを上げることとなるのです。だからこそ、弊社の技術力とスピード力は責任重大であり、最先端のマシンを使いこなす能力とお客様の案件に的確に答えることのできる経験を積み重ねてきました。
また、弊社では試作に限らず過去の生産終了品(サービス部品)の製作や、量産品を改造して使用するなどの「追加工」などにも対応しております。試作業者というと数個単位の試作品の製作のみと思われがちですが、弊社では小中ロットの数量への対応も可能です。どうぞお気軽にご相談ください。


お客様の声 ありがとうございます お喜びの声をいただいております! 詳しくはこちら

お問い合わせ 試作、加工、その他お気軽にお問い合わせください! 06-6994-8681 info@ushio-net.co.jp お急ぎの場合は、お電話ください。