板金加工、レーザー加工、プレス加工、試作、少量専門 大阪の「試作板金屋」は株式会社ウシオにお任せください

  • ホーム
  • 加工技術
  • 製品案内
  • サービス体制
  • 会社案内
  • お問い合わせ

check1 加工技術 様々な加工技術をご紹介します。

check2 製品案内 様々な業種の精密板金に対応しております。

試作板金の仕事とは

さまざまな視点から見た板金加工

プレスと手造り試作のコスト分岐点

遠方のお客様へ

ウシオからのご提案

ご利用のお客様へ

  • お取引の流れ
  • 試作一筋25年
  • 設備案内
  • お客様の声
  • よくある質問Q&A

イベント情報

スタッフブログ

リクルート


サービス体制

高品質

高品質

試作品の品質

高品質とは、「寸法精度内で仕上げることが出来る。」ということになりますが、試作の場合、立派な測定機を揃えているからといって、高品質のものが作れるわけではありません。

測定機は、あくまで加工後の確認をするものであって、高品質自体は、会社の製作スタッフが作り出すものです。重要なのは製作スタッフの高品質への考え方、取り組む姿勢です。

量産品は、よほどのミスがない限り「完成=正解」が確証されたものづくりです。これは、一度完成した商品をリピート生産するからですが、試作の場合、毎日違う製品を作り続けていますので、ひと加工、ひと曲げごとに確認作業が必要になります。
検査作業


工程図

板金試作の加工方法は、プレス加工とは違い一つ一つの加工を手作業で進め、最終的に完成品となります。

加工のおおよその加工の流れは下記となります。

加工の流れ


このように、完成までには、さまざまな工程を経由します。
各工程内では、それぞれの機械は使用するものの、そこに手作業と人間の判断が加わる為、加工会社によって品質が大きく異なります。

量産品との違い

特にブレーキプレスによる曲げ加工は、品質において人間の判断によるウェイトが大きく、 作業者によって曲げる順番や使用金型が変わる場合もあり、個人の技量による品質のレベル差が生まれます。

同じ板金でも量産品を製作している場合、一度製作した商品は、次回も同じ機械、同じ金型、同じ曲げ順で製作することで、不良を防ぎ品質を安定させることができますが、試作の場合、日々新規品を製作しておりますので一品一品の品質を安定させることが困難なのです。

しかも!

更に下記のような厳しい条件の中、製作を進める必要があります。
1. ほとんどの案件が短納期なので、即座に製作方法を決定し製作を進めないと納期に間に合わない。
2. 数量が少ない場合が多いので、短時間に製作を完成させないと利益が出ない。
3. 失敗をすると納期にも間に合わず利益も出ない。

下矢印

このような条件の中、毎日違った商品を作り続けるには、試作業界独特の対応力が必要!ぜひ一度、「試作専門会社」をご利用ください。



お客様の声 ありがとうございます お喜びの声をいただいております! 詳しくはこちら

お問い合わせ 試作、加工、その他お気軽にお問い合わせください! 06-6994-8681 info@ushio-net.co.jp お急ぎの場合は、お電話ください。