板金加工、レーザー加工、プレス加工、試作、少量専門 大阪の「試作板金屋」は株式会社ウシオにお任せください

  • ホーム
  • 加工技術
  • 製品案内
  • サービス体制
  • 会社案内
  • お問い合わせ

check1 加工技術 様々な加工技術をご紹介します。

check2 製品案内 様々な業種の精密板金に対応しております。

試作板金の仕事とは

さまざまな視点から見た板金加工

プレスと手造り試作のコスト分岐点

遠方のお客様へ

ウシオからのご提案

ご利用のお客様へ

  • お取引の流れ
  • 試作一筋25年
  • 設備案内
  • お客様の声
  • よくある質問Q&A
トップページ > 加工技術 > バレル研磨

加工技術紹介

バレル研磨

カテゴリー : 加工技術

事例拡大図

写真をクリックすると拡大画像がでます
IMG_0699_540.jpg IMG_0695_540.jpg IMG_0692_540.jpg IMG_0693_540.jpg
img_7758_800_540.jpg img_7763_800_540.jpg img_7760_800_540.jpg img_7761_800_540.jpg

ここがポイント

バレル研磨という加工があります。
メディアと言われる石やセラミックの粒と水、研磨材を商品と一緒に槽の中に入れ、回転させることで端面や表面を細かく削りとります。簡単に言うと精密なバリ取りということになります。

バレルの加工機はいくつかの種類があるのですが、ウシオでは「回転バレル機」と、「遠心バレル機」を所有しています。
主な使用用途は下記のとおりです。

<回転バレル>
・量が多い
・大きいもの
・主に端面の仕上げ

<遠心バレル>
・量が少ない
・商品が小さい
・表面の光沢出し
・短時間で必要

図面にバレル加工の支持がある場合もありますが、指示がなくても商品によってはバレルでバリ取りをする場合もあります。小さな商品などは、ヤスリでバリ取りをしますと端面付近に多少のキズが入りますが、バレル加工ですと、多少の表面のキズまで消えてしまいます。
水の中に防錆剤を入れるので、鉄でも大丈夫です。

以前はバレル加工は専門会社にお願いしていましたが、社内の前加工も業者さんにも試作の納期に対応してもらうのが大変でしたので、社内に設置しました。

対象材質鉄、ステンレス、銅、真鍮、アルミ
加工可能サイズ(回転)~100mm×200mm位まで (遠心)~50×50mm位まで
数量1個~
加工時間(回転)2時間 (遠心)15分

Notes

バレルの専門会社ではありませんので、稼働率はほとんどありません。ですので、ご依頼をいただきますと、短納期での加工が可能です。板金とバレルを両方手配されているような場合、まとめて弊社に発注いただくと納期や価格のメリットがあるかもしれません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お客様の声 ありがとうございます お喜びの声をいただいております! 詳しくはこちら

お問い合わせ 試作、加工、その他お気軽にお問い合わせください! 06-6994-8681 info@ushio-net.co.jp お急ぎの場合は、お電話ください。