板金加工、レーザー加工、プレス加工、試作、少量専門 大阪の「試作板金屋」は株式会社ウシオにお任せください

  • ホーム
  • 加工技術
  • 製品案内
  • サービス体制
  • 会社案内
  • お問い合わせ

check1 加工技術 様々な加工技術をご紹介します。

check2 製品案内 様々な業種の精密板金に対応しております。

試作板金の仕事とは

さまざまな視点から見た板金加工

プレスと手造り試作のコスト分岐点

遠方のお客様へ

ウシオからのご提案

ご利用のお客様へ

  • お取引の流れ
  • 試作一筋25年
  • 設備案内
  • お客様の声
  • よくある質問Q&A
トップページ > よくある質問 Q&A > 加工について > 使い捨て金型とはどういう金型ですか?

使い捨て金型とはどういう金型ですか?

板金試作の場合、曲げ加工のみで完成するものは基本的に金型が必要ありません。それは、ブレーキプレスという機械に、すでに所有している市販金型を取り付けて曲げ加工を行うからです。
しかし、絞り加工のように、その商品にのみ含まれる形状を加工する場合には、当然なんらかの金型が必要になります。

この金型の製作方法ですが、量産品のように切削金型を使うと費用も納期もかかります。試作の場合には、数量も1個しか製作しない場合もありますので、金型をできるだけ早く安く製作する必要があります。そこで、板金を積み重ねて板の厚みを利用することで金型として使用する積層金型技術がメリットを発揮します。

絞り形状をくりぬいた板を重ねるだけですので、時間もかからず費用も安くすみます。試作の場合、次回はどこかの形状が変更になり、金型を一度しか使えない場合が多いので、できる限り簡易に製作することが納期、コスト共にメリットを生みます。ぜひお気軽に試作案件についてお問い合わせください。

メールフォームで問合せをする

質問一覧に戻る

加工について

このカテゴリをすべて表示

お客様の声 ありがとうございます お喜びの声をいただいております! 詳しくはこちら

お問い合わせ 試作、加工、その他お気軽にお問い合わせください! 06-6994-8681 info@ushio-net.co.jp お急ぎの場合は、お電話ください。